債務整理をすると、賃貸住宅の審査に通らなくなるの?

賃貸住宅の審査

債務整理をする際、気になるのが賃貸住宅での扱い。
債務をなんとか減らしたのに、住んでいた賃貸住宅を追い出されたら大変です。
入居する際も保証人が必要だったりするように、賃貸の契約では「信用」がものを言います。
債務整理を行った場合の、賃貸の審査について簡単に説明していきます。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3パターンがあります。
それぞれ特徴がありますが、どの債務整理にも共通するのが「信用情報に傷が付く」ということです。
債務整理を行うと、信用機関に事故情報が残ってしまい、5年すぎるまで傷が消えることはありません。
というわけで、賃貸の審査で信用情報が確認されてしまう、という場合は審査落ちの可能性が大です。

では、どういう場合に「信用情報が確認されるか」と言いますと、クレジットカード払いの賃貸住宅の場合です。
「クレジットカードで家賃を購入する」という形を取るので、クレジットカードを使う際に信用情報が住宅のオーナーの手に渡るのです。
また、そもそもクレジットカード自体が、信用を元にお金を借りる仕組みですので、信用情報に傷があればカードすら作れません。

もう1つ注意すべきなのが、契約に保証会社が必須の住居です。
保証会社によって審査の結果が変わり、もし保証会社がカードをなどを発行している信販系であれば、審査落ちしてしまいます。
クレジットカードやカードローンを取り扱っているため、信用情報は確認できますし非常に敏感です。

というわけで、「クレジットカード払いでは無く保証会社が必要ない」賃貸住宅であれば、ほぼ審査には通ります。
信用情報を知る術がなければ、住居業者も傷が付いていることが分からないので、安心です。
新しく賃貸住宅を探す際は、場所だけで無く、支払い方法なども気を配るのが肝心です。

債務整理のデメリット

債務整理のデメリット

債務整理をして新たな生活をスタートさせることも私は一つの良い方法と思います。債務整理をしなくてもお金に不自由なく生活している方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、様々な事情で債務整理せざるを得えない方もいるのが現実です。しかし、債務整理したからその後の人生は静かに後ろめたい気持ちを持って生きていく必要はありません。しっかりと反省しつつも、再出発し、2度と同じ繰り返しをしないようにしたいと決意して生きていくことはとても大事なことですし、その人生もより楽しもうと思う気持ちも芽生え、しっかり計画できるようにしていくべきです。しかし、現実的に債務整理をしてしまうとデメリットもあるのは頭に入れておくべきです。一定期間、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることは出来ません。債務整理を行なった金融機関などからは2度とローン、クレジットカードは組めない、借りれないと思います。ただし、あるクレジットカード会社はその方の属性が良ければクレジットカードを作れることもあるようです。私は作れました。
リスタートした人生、住宅が欲しい!車が欲しい!家電が買いたい!などまとまったお金が必要になることは多々ありますが、債務整理を行なってしまうと、ローンが組めない、クレジットが組めないという現実にぶつかり、諦めるしかありませんが、それは、借りないでしっかり計画した生活をして生きていれば、いずれ、欲しい物も手に入れることが出来ると信じて生きていくことの方が債務整理のデメリットを軽く感じられ、ポジティブに考えることができるのではないでしょうか?

もし住宅ローンが払えなくなったら

住宅ローンが払えない

住宅ローンは高額で、返済期間も長期にわたるローン(借金)ですので、長い返済期間の間には、払えなくなるケースも少なくありません。
例えば、サラリーマンの方であれば、リストラに合った・給与が大幅にカットされた・怪我や病気になって働けなくなった・会社が潰れた、といったケースです。

そんな場合にどうすればよいのか。
年齢、性別、家族構成等、千差万別ではありますが、まずは住宅ローンを借りている銀行やノンバンクに相談するのが良いでしょう。
状況によっては、ローンプランの変更、具体的には、返済期間を延長したり、一定期間、元本返済は据え置きで利息だけ払う、といった返済条件の変更に応じてもらえて、毎月の返済額を払える金額まで減額し再起を図る時間的な猶予をもらえるケースもあります。

しかし、それもできず、再起の見込みもない、といった場合は家を売りに出して返済する、ということになります。
これは任意売却というもので、もし、そうしないで滞納を続けると、抵当権を実行されて、家を競売にかけられ、任意売却の場合よりも安く買いたたかれることになってしまいます。

仮に家を売っても、ほとんどの場合は残債が残ってしまっているはずです。
その残債も返済不能というケースですと「債務整理」を考える必要があります。

債務整理には、任意整理・民事再生・自己破産・過払い請求といったパターンがありますが、住宅ローンの場合は民事再生は使えず、過払い請求も実質的にできないので、任意整理か自己破産、ということになります。

任意整理とは、裁判所の手続きなく、自分自身か弁護士を通して債権者と交渉する、という方法です。ある程度の収入があって、現実的な返済計画を立てられるのであれば、まずこれを実行することになるでしょう。

しかし、収入も最低限しかなく、残債の返済はもはや不可能という場合は自己破産ということになります。

自己破産とは、裁判所に対して自ら破産を申し立てる方法です。自己破産が認められれば、残債を返済する必要はなくなり、完全にローン返済から解放されます。
その代わり、最低限の生活をするための家財等を除いて、ほぼ全ての財産を失うことになります。

自己破産というと、非常にマイナスのイメージを付きまといますが、住宅ローン以外の全ての債務から解放されて、人生を再スタートできる最強の手段とも言えます。

もちろん債務整理をしなければならない状況にならないことが一番いいのですが、何が起きるか分からないのも人生ですので、前向きに人生をやりなおすためにも、債務整理を有効に利用することは決して悪くないと、私は思います。

夫の債務整理は妻にも影響する?

旦那の借金

債務整理をするときに気になるのが妻や夫にも影響があるのかということです。自分の生活に何らかの制限が出るのはともかく、妻にも信用上の問題が発生するとなると簡単に債務整理をするわけにもいかないでしょう。実際に債務整理は妻にも影響を及ぼすのでしょうか。

債務整理の影響が及ぶのは本人だけ

結論から言うと、債務整理は妻をはじめとする家族にはなんの影響も与えません。債務整理をしてもその記録がつくのは債務整理をした名義人のみです。夫が債務整理をしたとしても妻は問題なくクレジットカードを使えますし、ローンを組むこともできます。妻の生活に夫の債務整理は関係しないのです。

妻の保証人になれなくなることには注意

ただし、夫が債務整理をする以上、間接的な影響が出る場合はあります。極端な例を出すと、自己破産をして持ち家を手放すときは妻も家を出なければなりません。さらに現実的な問題としては、債務整理をした夫は妻の保証人になることができません。ローンなどの保証人になるとき配偶者を指定することはよくありますが、保証人の審査で債務整理をしていることがわかると、別の保証人を立てるように言われてしまいます。親戚や両親など夫以外の人に保証人になってもらう必要があることには注意しましょう。