債務整理をする際、気になるのが賃貸住宅での扱い。
債務をなんとか減らしたのに、住んでいた賃貸住宅を追い出されたら大変です。
入居する際も保証人が必要だったりするように、賃貸の契約では「信用」がものを言います。
債務整理を行った場合の、賃貸の審査について簡単に説明していきます。

 

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3パターンがあります。
それぞれ特徴がありますが、どの債務整理にも共通するのが「信用情報に傷が付く」ということです。
債務整理を行うと、信用機関に事故情報が残ってしまい、5年すぎるまで傷が消えることはありません。
というわけで、賃貸の審査で信用情報が確認されてしまう、という場合は審査落ちの可能性が大です。

 

では、どういう場合に「信用情報が確認されるか」と言いますと、クレジットカード払いの賃貸住宅の場合です。
「クレジットカードで家賃を購入する」という形を取るので、クレジットカードを使う際に信用情報が住宅のオーナーの手に渡るのです。
また、そもそもクレジットカード自体が、信用を元にお金を借りる仕組みですので、信用情報に傷があればカードすら作れません。

 

もう1つ注意すべきなのが、契約に保証会社が必須の住居です。
保証会社によって審査の結果が変わり、もし保証会社がカードをなどを発行している信販系であれば、審査落ちしてしまいます。
クレジットカードやカードローンを取り扱っているため、信用情報は確認できますし非常に敏感です。

 

というわけで、「クレジットカード払いでは無く保証会社が必要ない」賃貸住宅であれば、ほぼ審査には通ります。
信用情報を知る術がなければ、住居業者も傷が付いていることが分からないので、安心です。
新しく賃貸住宅を探す際は、場所だけで無く、支払い方法なども気を配るのが肝心です。