債務整理をして新たな生活をスタートさせることも私は一つの良い方法と思います。債務整理をしなくてもお金に不自由なく生活している方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、様々な事情で債務整理せざるを得えない方もいるのが現実です。しかし、債務整理したからその後の人生は静かに後ろめたい気持ちを持って生きていく必要はありません。しっかりと反省しつつも、再出発し、2度と同じ繰り返しをしないようにしたいと決意して生きていくことはとても大事なことですし、その人生もより楽しもうと思う気持ちも芽生え、しっかり計画できるようにしていくべきです。しかし、現実的に債務整理をしてしまうとデメリットもあるのは頭に入れておくべきです。一定期間、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることは出来ません。債務整理を行なった金融機関などからは2度とローン、クレジットカードは組めない、借りれないと思います。ただし、あるクレジットカード会社はその方の属性が良ければクレジットカードを作れることもあるようです。私は作れました。
リスタートした人生、住宅が欲しい!車が欲しい!家電が買いたい!などまとまったお金が必要になることは多々ありますが、債務整理を行なってしまうと、ローンが組めない、クレジットが組めないという現実にぶつかり、諦めるしかありませんが、それは、借りないでしっかり計画した生活をして生きていれば、いずれ、欲しい物も手に入れることが出来ると信じて生きていくことの方が債務整理のデメリットを軽く感じられ、ポジティブに考えることができるのではないでしょうか?