住宅ローンは高額で、返済期間も長期にわたるローン(借金)ですので、長い返済期間の間には、払えなくなるケースも少なくありません。
例えば、サラリーマンの方であれば、リストラに合った・給与が大幅にカットされた・怪我や病気になって働けなくなった・会社が潰れた、といったケースです。

 

そんな場合にどうすればよいのか。
年齢、性別、家族構成等、千差万別ではありますが、まずは住宅ローンを借りている銀行やノンバンクに相談するのが良いでしょう。
状況によっては、ローンプランの変更、具体的には、返済期間を延長したり、一定期間、元本返済は据え置きで利息だけ払う、といった返済条件の変更に応じてもらえて、毎月の返済額を払える金額まで減額し再起を図る時間的な猶予をもらえるケースもあります。

 

しかし、それもできず、再起の見込みもない、といった場合は家を売りに出して返済する、ということになります。
これは任意売却というもので、もし、そうしないで滞納を続けると、抵当権を実行されて、家を競売にかけられ、任意売却の場合よりも安く買いたたかれることになってしまいます。

 

仮に家を売っても、ほとんどの場合は残債が残ってしまっているはずです。
その残債も返済不能というケースですと「債務整理」を考える必要があります。

 

債務整理には、任意整理・民事再生・自己破産・過払い請求といったパターンがありますが、住宅ローンの場合は民事再生は使えず、過払い請求も実質的にできないので、任意整理か自己破産、ということになります。

 

任意整理とは、裁判所の手続きなく、自分自身か弁護士を通して債権者と交渉する、という方法です。ある程度の収入があって、現実的な返済計画を立てられるのであれば、まずこれを実行することになるでしょう。

 

しかし、収入も最低限しかなく、残債の返済はもはや不可能という場合は自己破産ということになります。

 

自己破産とは、裁判所に対して自ら破産を申し立てる方法です。自己破産が認められれば、残債を返済する必要はなくなり、完全にローン返済から解放されます。
その代わり、最低限の生活をするための家財等を除いて、ほぼ全ての財産を失うことになります。

 

自己破産というと、非常にマイナスのイメージを付きまといますが、住宅ローン以外の全ての債務から解放されて、人生を再スタートできる最強の手段とも言えます。

 

もちろん債務整理をしなければならない状況にならないことが一番いいのですが、何が起きるか分からないのも人生ですので、前向きに人生をやりなおすためにも、債務整理を有効に利用することは決して悪くないと、私は思います。