債務整理をするときに気になるのが妻や夫にも影響があるのかということです。自分の生活に何らかの制限が出るのはともかく、妻にも信用上の問題が発生するとなると簡単に債務整理をするわけにもいかないでしょう。実際に債務整理は妻にも影響を及ぼすのでしょうか。

 

債務整理の影響が及ぶのは本人だけ

 

結論から言うと、債務整理は妻をはじめとする家族にはなんの影響も与えません。債務整理をしてもその記録がつくのは債務整理をした名義人のみです。夫が債務整理をしたとしても妻は問題なくクレジットカードを使えますし、ローンを組むこともできます。妻の生活に夫の債務整理は関係しないのです。

 

妻の保証人になれなくなることには注意

 

ただし、夫が債務整理をする以上、間接的な影響が出る場合はあります。極端な例を出すと、自己破産をして持ち家を手放すときは妻も家を出なければなりません。さらに現実的な問題としては、債務整理をした夫は妻の保証人になることができません。ローンなどの保証人になるとき配偶者を指定することはよくありますが、保証人の審査で債務整理をしていることがわかると、別の保証人を立てるように言われてしまいます。親戚や両親など夫以外の人に保証人になってもらう必要があることには注意しましょう。